預貯金の名義変更

■預貯金の名義変更

被相続人名義の預貯金は、金融機関が被相続人の死亡を知った場合には凍結され、引き出すことはできません。被相続人名義の預貯金を解約または名義を変更するには一定の手続きが必要になります。

■遺産分割協議書に基づいて解約または名義を変更する場合

金融機関所定の払い戻し請求書、相続人全員の印鑑証明書、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、各相続人の現在の戸籍謄本、被相続人の預貯金通帳と届出印、遺産、分割協議書(相続人全員が実印で押印)

■調停または審判に基づいて解約または名義を変更する場合

家庭裁判所の調停調書謄本または審判書謄本、預貯金を相続した人の戸籍謄本と印鑑証明書、被相続人の預貯金通帳と届出印

■遺言書に基づいて解約または名義を変更する場合

遺言書、被相続人の除籍謄本、遺言によって預貯金をもらう人の印鑑証明書、被相続人の預貯金通帳と届出印

■相続人全員の合意により解約する場合

金融機関所定の払い戻し請求書、相続人全員の印鑑証明書、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、被相続人の預貯金通帳と届出印

※いずれの場合も金融機関によって用意する書類が異なる場合があります。直接問い合わせて確認することをお薦めします。

ライン