相続財産とは

■相続財産とは

相続財産とは、人が死亡した場合に相続の対象となる財産のことをいいます。
相続財産には、プラス財産とマイナス財産があります。また、死亡した人の財産であっても相続人が相続できないものもあります。

■プラス財産

・土地・・・宅地・田・畑・山林など
・建物・・・住宅・アパート・マンション・ビル・工場など
・土地または建物の権利・・・借地権・地役権・抵当権・借家権など
・金融資産・・・現金・小切手・預金・貯金など
・有価証券・・・株式・国債・社債・新株引受権など
・債権・・・貸付金・売掛金・手形債権など
・動産・・・自動車・家財・骨董品・宝石・貴金属など
・その他の財産・・・ゴルフ会員権・著作権・特許権など

■マイナス財産

・債務・・・借入金・買掛金・手形債務・振出小切手など
・未払租税公課・・・所得税・住民税・固定資産税・都市計画税など
・その他・・・未払費用・未払利息・未払の医療費・預かり敷金など

■相続人が相続できない財産

・生活保護受給権
・扶養請求権
・身元保証債務

などがあります。

ライン