相続人調査

■相続人調査

相続が発生した場合、相続人を確認する作業が必要です。死亡した人の出生から死亡まで及び相続人の出生から死亡した人の死亡時までの戸籍謄本等を取得して確認します。

■戸籍謄本等を取得する

市区町村役場へ行って死亡した人及び推定相続人の戸籍謄本等を入手します。市区町村役場が遠方にある場合や、市区町村役場へ出向けない場合には郵送により入手することができます。代理人が取寄せる場合には委任状が必要になります。

■戸籍謄本等の種類

戸籍謄本には、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本、戸籍謄本の附票があります。

●戸籍謄本

現在の戸籍簿の写しを戸籍謄本といいます。夫婦と子の単位で記載されており、夫婦いずれかが筆頭者となっています。子が結婚した場合や離婚した場合には、新たに戸籍簿が作られます。

●除籍謄本

戸籍簿に記載されている人が、死亡や婚姻などで全員戸籍簿から抜けた場合には戸籍簿は簿冊から除かれます。この除かれた戸籍簿の写しを除籍謄本といいます。除籍謄本は相続人調査には必要なものです。

●改製原戸籍謄本

法令の改正などで作り変えられる前の戸籍簿の写しのことです。改製された戸籍簿には、改製前の情報が載っていません。戸籍簿が改製された場合には必ず改製原戸籍謄本の写しを取寄せて相続人の確認をします。

●戸籍謄本の附票

戸籍謄本等には住所変更履歴が記載された小さな票(これを附票という)が付いています。引越などをして市町村役場に住所変更届を提出した際、この附票に新しい住所が記載されていきます。戸籍謄本の附票の写しは被相続人及び相続人の住所履歴を確認するには便利です。

以上の戸籍謄本等によって相続人を確認します。

ライン