相続の承認

■相続の承認

相続の承認には単純承認と限定承認があります。

■単純承認

単純承認とは、相続人が、被相続人の権利義務を無限に承継することを内容として相続を承認することであります。
相続人は被相続人のすべての財産と債務を引き継ぐことになります。
単純承認の意思を表示しなくても次の3つの事由があれば、民法上単純承認をしたものとみなされます。

1.相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき

2.相続人が相続の承認又は放棄することができる期間(相続の開始を知った時から3ヶ月以内)内に、限定承認又は放棄をしなかったとき

3.相続人が限定承認または放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠匿し、私にこれを消費し、悪意でこれを財産目録中に記載しなかったような背信的行為がある場合

単純承認は被相続人の権利義務を無限に引継ぎますので、被相続人に債務が多い場合には慎重に判断しなければなりません。

■限定承認

限定承認とは、相続人が相続によって得たプラス財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済するという留保つきで相続を承認することをいいます。相続人が数人いる場合には、共同相続人の全員が一致しなければ認められません。

■限定承認の手続きと流れ

1.限定承認をしようとするときは、相続の開始を知った時から3ヶ月以内に、財産目録を作成してこれを家庭裁判所に提出し、限定承認をする旨を申述しなければなりません。

2.限定承認の手続きに入りますと、被相続人の財産は相続人固有の財産とは分離されて一種の凍結状態となり、管理と清算が行われます。

3.限定承認の流れ

・限定承認をした者は限定承認をした後5日以内に一定の公告を一定の期間(2ヶ月以上)しなければなりません。

・限定承認をした者は一定の期間(2ヶ月以上)経過後に法律が定めたルールによって相続財産を換価する等して債権者または受遺者に対して債務の弁済を行います。

・限定承認をした者は債権者または受遺者に対して債務の弁済を行った後、財産が余った場合にその余った財産の分配を受けることができます。

ライン