相続の放棄

■相続の放棄

相続人は相続の開始によって生じた権利と義務の帰属を一定の方式によって全面的に拒否することができます。これを相続の放棄といい、相続の放棄は自由であります。

■相続の放棄の手続き

相続の放棄をしようとする者は、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に相続の放棄を家庭裁判所に申述しなければなりません。

■相続の放棄をする最大のメリット

相続を放棄した者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされます。従いまして被相続人が明らかに債務超過である場合に相続の放棄が利用されます。

■相続の放棄をするその他のケース

必ずしも良いこととは言えませんが、相続の放棄を長男その他の特定の相続人に財産を集中させるために利用される場合があります。

ライン