相続財産の評価額

■相続財産の評価額

相続した財産の価格は取引時価により算定するのが建前となっていますが、市場があって取引価格のある財産もありますが、取引市場がないため価格が形成されていない財産が多いのが現実です。
そこで相続税法は特定の財産について価格の算定方式を定めています。
その他の市場価格が形成されていない財産と市場価格の変動が激しい財産について国税庁が財産の評価方法を定めて公表しています。 主な財産の評価方法を列挙いたします。

■市街地にある宅地

宅地に接する道路に価格(路線価)が付されており、この価格を一定の方式で修正して1uの価格を算定し全体の宅地の価格を算定します

■市街地以外にある宅地や農地等

固定資産税評価額×一定の倍率

■家屋

固定資産税評価額 ×1.0または0.7

■上場会社の株式

相続開始日の終値、開始月・前月・前々月の終値の平均のうち最も低い価格により算定

■非上場会社の株式

会社の純資産を元に一定のルールにより価格を修正して算定します

■普通預金・通常貯金の決済性預金

死亡した日の残高

■定期性預貯金

死亡した日の残高+解約した仮定した場合支払われる利子

■一般動産

売却可能価格

■自動車

売却可能価格または新品小売価額−経過年数に応じた減価額のいずれか

■ゴルフ会員権

取引相場×70%

※相続税評価額の算出にあたっては複雑かつ高度な専門知識が必要ですので、ぜひ専門家にご相談下さい。

ライン