相続税の計算順序

■相続税の計算順序

相続税は第一段階で被相続人の全ての財産の課税価格の合計額を算定します。
第2段階ではこの課税価格から遺産に係る基礎控除額が控除して課税遺産価格が算定されます。
第3段階で課税遺産価格に税率が適用されて相続税の総額が算定されます。最後に各相続人等の税額が算定されます。

※解説は無制限納税義務者の計算順序に限定させていただきます

■相続税の課税価格の算定

被相続人から相続または遺贈により取得した財産の価格の合計額が課税価格となります。相続開始前3年以内に被相続人から贈与により財産を取得した者がある場合にはその贈与により取得した財産の贈与時の価格が加算されます。
なお、相続により取得した財産であっても課税価格に算入されない財産(非課税財産)があります。また、被相続人の債務と葬式費用は課税価格から控除されます。

1.非課税財産の例

お墓、霊びょう、祭具
公益法人が取得した財産で公益目的事業の用に供することが確実なもの
生命保険金のうち500万円×相続人の数
死亡退職金のうち500万円×相続人の数

2.債務の例

借入金、前受金、敷金、未払金、未払費用、未納税金

■遺産に係る基礎控除

基礎控除額=5000万円+500万円×相続人の数

■相続税の総額の算定

相続税の総額は課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除の額を控除した金額(相続税の課税価額といいます)を各相続人が法定相続分により相続したものと仮定して税率を適用し、算定した税額の合計額となります。

次のような相続があったと仮定して相続税の総額を計算いたします。

法定相続人 妻と子供3人
相続財産合計額 2億円 生命保険金受取額 5000万円 債務1600万円
葬式費用 400万円
課税価額の合計額

2億円+5000万円−500万円×4人-(1600万円+400万円)
=2億1000万円

基礎控除の額
5000万円+1000万円×4人=9000万円
相続税の課税価額
2億1000万円−9000万円=1億2000万円
相続税の総額
1億20000万円×1/2×30%−700万円          =1100万円
〔1億20000万円×1/2×1/3×15%−50万円〕×3人=750万円
1100万円+750万円=1850万円

※税率は10%から50%の超過累進税率となっています。

■各相続人の納付税額の算定

遺産にかかる相続税の総額を各相続人が社得した財産の課税価格によりあん分して各人の相続税額を算定し、次に掲げる相続税額の加算・減算項目がある場合にはこれらを加減して各人の納付税額を算定いたします

1.一親等以内の血族及び配偶者以外の者に対する相続税の2割加算
2.相続開始前3年以内に贈与があった場合の贈与税額の控除
3.配偶者に対する相続税額の軽減
4.未成年者控除
5.障害者控除
6.相次相続控除
7.在外財産に対する相続税額の控除

■相続時精算課税制度

その他、相続人に相続時精算課税制度を選択した相続人がいる場合には 、その相続人が被相続人から贈与により取得した財産の贈与時の価格を相続財産に加算して相続税の総額及び各相続人の相続税額が算定されます。

※相続税額の算定は複雑ですのでぜひ専門家にご相談下さい。

ライン